仮想通貨ライトコイン(Litecoin)とは

ライトコイン(Litecoin)

要約すると・・・

  • 開始日:2011年
  • Bitcoinを基礎とした仮想通貨でBitcoinの改良版とも言える
  • 仮想通貨時価総額ランク:6位
  • 価格:4765.99175771円 (前日比-1.74%)
  • 時価総額:304254527034円
  • 日本の取引所:bitbank Bit Trade 
  • 日本の販売所:bitflyer coincheck GMOコイン 
※価格/ランクは2019年12月15日 06時01分時点の情報

Litecoinとは

Litecoinとは仮想通貨の1つで2011年10月に誕生しました。時価総額でも1000以上ある仮想通貨の中で常に10位以内に入っており、メジャーな仮想通貨の一つです。 Bitcoinと同様にお金の代わりに利用される決済目的で作成されており商品を購入するときに使用することができます。

LitecoinはBitcoinと同様に利用者がマイニングによって、取引承認が行われるブロックチェーンで運営されています。Bitcoinと非常にシステムが似ていますが、実際、LitecoinのソースコードはBitcoinを元に生成されています。このことからLitecoinはBitcoinを基礎とした改良版と言われています。Bitcoinは10分に一度、複数の取引履歴が詰まったブロックが1つ開放されてマイニングが行われ、取引が承認される仕組みですが、取引量が年々多くなり、取引の遅延が問題視されていました。そこでLitecoinでは150秒毎にブロックが開放されるようになっていおり、取引承認が非常に早くなっています。ちなみに承認システムはどちらもPOW認証で同じになっています。

Litecoinのこれまでの値動き





Litecoinは2011年に公開された当初は1Litecoin当たり350円でした。しかし、キプロスの金融機器により銀行預金の封鎖が始まり、その影響を受けた人たちがBitcoinにお金を変え始めてからLitecoinも一時的に5000円にまで値上がりました。

しかし、これは一時的でしたので長くは続きませんでした。Litecoinはマイナーへの報酬が下がるとLitecoinの価値が高まるのですが、2016年にはマイナーの報酬が下がったにもかかわらず1Litecoin500円以下にまで下がりました。しかし、2017年から始まった仮想通貨市場の過熱により、Litecoinの価値も上昇しています。

購入方法

ライトコインは日本の取引所でも海外の取引所でも購入することができます。日本で有名なのはCoinCheckbitFlyerです。どちらも国内最大手の取引量を誇っており、セキュリティもオフラインで管理を行うコールドウォレットを採用しており、安全性に優れています。海外の取引所ではPoloniexがオススメです。世界最多数の仮想通貨を取り扱っており、様々な仮想通貨を取引できます。

世界で最も多い約80種類の仮想通貨が取引できる取引所Poloniex

将来性

LitecoinはBitcoin同様に知名度も高く、仮想通貨の中では比較的普及しており、安全性も確保されている通貨と言えます。その点では他の通貨に比べて急激に価値が変動するリスクは少ないと言えるかもしれません。

しかし、Bitcoinのシステムが改良されて取引承認スピードが改善される中で、仮想通貨としては特徴が薄く、今後の発展性が読みづらい点もあり、逆に一気に価値を落とすこともあると言えるので、常に動向を見守る必要があると言えます。

おすすめの取引所ランキング

1位 ZAIF
NEMやMONAcoinなどの多様なアルトコインを取引所で取引できるのがとても魅力的

2位 coincheck
販売所での売買になりますが、国内最多のアルトコインを扱っており、様々な仮想通貨に分散投資したい人におすすめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

3位 bitFlyer
Bitcoinを売買したいならbitFlyer。大手としての信用性と取引量が多いためリアルタイム取引ができるのが魅力

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする